2014年7月31日 一般社団法人PyCon JP 運営会議#6

日時:

2014年7月31日(火) 19:00-21:00

場所:

CMSコミュニケーションズ会議室

出席:

鈴木たかのり、寺田、清水川、増田、イアン、イクバル

資料:

PyCon JP 2014

  • 現状報告
    • 2014 予算
    • 20140730 PyCon JP 予算ミーティング
    • 今年はスポンサー集まっていないが、サービスレベルを落とさずに、最悪赤字となっても、(一社)側の留保金を使うこともあり。
    • 予算見直しの結果、現状のスポンサーの状況でもプラスマイナスゼロ。見込みのスポンサーが取れれば、復活させる物もある。
    • キャッシュフローは検討が必要。
    • 保険の費用は、予算内。契約は(一社)で行う。

決算関係

  • 決算書に関して
    • 書類は受領済み
    • 次が掲載に関して、以下の議事録が完了したら掲載を行う。
  • 議事録に関して
    • 行政書士に確認を依頼し、細かい指摘がいくつかあった。指摘をもとに修正して再度、行政書士に確認を依頼中。(一週間前)

次回以降の座長の決定時期

  • 事前に決まったらそれがよいが、決めなくてもよいのではないか(寺田)
  • 三ヶ月早いか遅いかなので、翌年でもよいのではないか?(清水川)
  • 8月募集をして、そこに手を挙げる人がいなかったら10月くらいまで探すというのはありではないか(たかのり、清水川)
  • 【TODO】8月末ターゲットで募集をかける(寺田)

PyCon JP 2015

  • 今開催を決めておけば、スポンサー募集のチラシを作って配るとか、できるよね(増田)→チラシ作るのは一般社団法人で実施した方がよいのでは(たかのり)
  • 会場を早く抑えられるのではないか?(寺田)
    • 自分が座長だったら、次回は大学系で考えているのであまり意味はなさそう(たかのり)
  • 基調講演を早く決められるのはメリット(清水川)

その他

  • [ISSHA-36] jbking への支払い - pycon.jp 1,080,000円の支払いを清水川さんにまわした。(たかのり)→済
  • JP 2014 の予算状況の確認と、資金注入が必要か・するかどうか
  • 8月30日の PyCon KR について
    • イクバルさんが参加予定
    • レポートぜひ書いてください(たかのり)
  • 海外支援はシンガポールが5.5万円くらいなので、もう一つくらい支援できるのではないか(たかのり)
    • PyCon KRは一ヶ月後なので、PyCon JP 2014後がよさそう(増田)
    • 制限なしで学生のみ25歳以下とか?(増田)
      • あまりメリットは感じない(たかのり)
      • 次回のミーティングで改めて議論する。
    • PyCon JPの時に聞く? <とりあえず直接聞くことはしない。

次回ミーティング

  • 10月前半に実施
    • PyCon JP 2014の反省会後のまとめを受けて行う。
    • 日程調整(寺田) 10月7日(火)を第一候補とする。
  • 2015年2月に理事会選があるので、その点も考慮しておく。

TODO

  • 8月末ターゲットで PyCon JP 2015 座長の募集をかける(寺田)