2015年4月21日 一般社団法人PyCon JP 運営会議#10

日時:

2015年4月21日(月) 19:00-21:00

場所:

CMSコミュニケーションズ会議室

出席:

寺田、清水川、たかのり、イアン、イクバル(Skype)

資料:

アジェンダ

  • 課題レビュー
  • Webシステム改修報告
  • 次年度予算 及び 地域PyCon等
  • 定期社員総会
  • PyCon JP 2015について

Webシステム改修報告

  • 4月末振込予定。[TODO:JIRAにタスクを作る(たかのり)]
  • 必要な作業は完了している。
  • サイト要望
  • 進め方として、力の入れどころや作業順、仕様決め方など、うまく出来ていない部分もあったとはおもう。
  • 2015チームで受け入れのための確認テスト中
  • 来年度は予算は付けられないと思うが、継続使用が可能な状況。

2015年度予算 及び 地域PyCon等

  • イベント以外の予算の使い道について決める必要がある
  • 現在あるお金は450万
    • 前回の社員総会では「できるだけ減らさない方向で行きたい」という話であった
    • とはいえ、100万円はWebシステムの開発費で出て行く
    • 現状PyCon JP 2015はトントンで考えてる
    • 税金では50万円くらい出て行く
  • 地域PyConで講師を派遣してほしいという話もきている
  • 他に収入を求められるのか
  • 来年度に最低限残さないといけない金額はいくらか?(清水川)
    • なぜその金額が必要なのか(イアン)
    • PyCon JPでお金が入ってくる前にお金を支払う必要がある場合
    • 会場費が先払いになると200万くらいは必要そう(清水川)
  • 感覚値だが1.5倍くらいあればよいのではないか &
    1000万円規模の事業を行うのに当たり、0.3倍の資金があれば十分だと感じている。(寺田)
  • 地方mini PyConへの支援としては10万円くらいか(寺田)
    • 広島と札幌で2つだとすると20万円程度か(たかのり)
  • 毎年予算としては乗せたいのは、以下のとおり
      1. 200万 (会場費)
      1. 50万 (税理士、税金等)
      1. 50万 (地域PyCon) (実績は、0円)
      1. 30万 海外支援 (PyCon参加とか含めて)(実績は、10万円)
  • 上記は、毎年130万円の単純支出(戻ってこない金額)は大きいと思う。(PyCon
    JPとして予算規模1000万円なので。)
  • 2015年度としては、3項、4項で80万円を支出予算化するのは難しい。
  • 来年以降、450万円くらいを目指して進めていきたい。

2015年度予算について

  • 2015年度で地域PyCon、海外支援にいくら予算をつけるか。
  • 海外支援は今年はやめてもいいのではないか(寺田)
  • 地域PyConについては予算をつけたい(寺田)
  • 2箇所の新規の立上げで、いい機会なので、来年度に同様のことが継続できなくなるリスクはあるが、支援はしていきたい(イアン)
  • 東京からの往復交通費+2泊分の支援として、以下とする
    • 札幌 90,000円
    • 広島 60,000円
    • 合計 15万円とする

定期社員総会

PyCon JP 2015について

  • 会計担当
    • 一般社団法人の会計担当(清水川)とは別にイベント側の会計担当がほしい(清水川)
    • イベント側(2015)の方で、検討をいただき決めてもらう。
  • その他
    • 契約系、費用面も計画通りに進めている。
    • スポンサーも順調に集まっている。

地域PyConへの運営フォロー

  • レポート書いて費用こっちにほしいな(たかのり)
  • 口の出し方とかどうしよう。ミーティングにも参加しなくてもいいのではないのか(たかのり)
  • 成果としてなにがほしいかは明らかにしたほうがいいかも(たかのり)
    • 今思いつくのはレポートぐらい(たかのり)
    • サイトに情報を残す(清水川)
  • 一般社団法人PyCon
    JPに対してガンガン意見とかを言ってもらう流れを作る必要がある(寺田)

次回ミーティング

  • 7月前半に行う。
    • 予備日も含めて、2つ候補を決める
    • 第1候補 7月6日(月)
    • 第2候補 6月30日(火)
  • 次回の議題案
    • 地域PyConの状況
    • 予算関係のアップデート
    • PyCon JP 2105について